西安市(せいあんし/シーアンし、中国語:西安市、英語:Xi'an)は中華人民共和国陝西省省都

であり、古くは中国古代の諸王朝の都となった長安である。国家歴史文化名城

に指定され、世界各国からの観光客も多い。経済的重要性から大幅な自主権をもつ副省級市にも指定されている。

horizontal rule

西安の古称は長安であり、かつては西都、西京、大興、京兆、奉元等とも称された。古代より政治の中心地として西周から

からの都城と十数の王朝の都として千年の歴史を有す古都である。

1369年洪武2年)、明朝元朝の奉元路を廃止し西安府を設置、これが西安の名称の初見である・明末の李自成

の反乱に際しては、西安に入城した李自成は一時長安と改称したが、清朝により再び西安と改称され中華民国

まで沿襲された。1928年、西安に初めて市制が施行され省轄市としての西安市が成立した。1948年

には国民政府行政院轄市に改編、中華人民共和国成立後は陝甘寧辺区

轄市、西北行政区轄市、中央直轄市、計画単列市と改編が続き、1954年に陝西省都、副省級市となり現在に至っている。

1898年義和団の乱では西太后ら皇族が戦火の北京を逃れ西安に避難している。また1936年には国共合作

による日本政府への対抗を目指す張学良蒋介石を軟禁した西安事件の舞台となった都市でもある。

2004年西北大学が日本人遣唐留学生井真成の墓誌を市内から発見して話題となったこともある。

horizontal rule

 歴史遺跡   

市内: 陝西省歴史博物館  西安碑林博物館  大慈恩寺大雁塔  大薦福寺小雁塔

     大清真寺(大モスク) 大明宮遺跡  鐘楼  鼓楼  明代城壁  環城公園

     興教寺   興慶宮公園(興慶宮遺跡)

東郊: 半坡博物館(半坡遺跡)  華清池  秦始皇帝陵  秦始皇兵馬俑博物館(臨潼県)

     鴻門宴遺跡(臨潼県)

西郊: 秦朝都城、咸陽  

     唐朝陵墓群

        唐高宗と則天武后合葬の乾陵及び陪葬墓

        唐太宗昭陵及び陪葬墓

        章懐太子墓(唐代壁画古墳)

        永泰公主墓(唐代壁画古墳)

        順陵

      漢朝陵墓群

        漢景帝の漢陽陵

        漢武帝の茂陵

南郊: 楼観台(道教)  風峪口  秦嶺 太白山  終南山  翠華山

北郊: 西漢 長安斗城遺跡  未央宮遺跡  大明宮遺跡  未央湖  大明宮遺跡

horizontal rule

姉妹都市・友好都市

姉妹都市
友好都市





horizontal rule

 


       Copyright ⓒ 2010. All rights reserved